意外と知らないSNSマーケティング事情

2020.02.01

スマートフォンの普及で、世界中で人気を高めているサービスの一つに『SNS(ソーシャルネットワークサービス)』があります。SNSと言っても、今ではその種類は数知れず。それぞれの国によっても使われ方や、シェア比率は様々です。

 

昨今の日本においては、”画像”や”動画”をコミュニケーションツールとした「instagram」や「tiktok」などが若年層を中心に人気となっています。

ビジネス世代と呼ばれる、ビジネスや海外とのコミュニケーションを活発に行う人に多く利用されている「facebook」は、今でも多くのユーザーに利用されています。

“バズす”や”炎上”といった時代を感じる言葉の先駆けとなったSNSが「twitter」です。その気軽な投稿フォームと拡散スピードの速さは若年層を中心に人気のSNSとなっています。

 

そんなSNSですが、世界におけるシェアやマーケティングのトレンドはどのようなものなのでしょうか。今回は人気の3大SNSに関する情報をまとめてみました。

 

3大SNSのユーザー分布

3大SNSの日本における月間ユーザー数が以下の通りとなっています。

Facebook 2,800万

Twitter 4,500万

Instagram 3,300万

(LINE) 8,100万

(You Tube) 6,200万

「今はみんな”インスタ(instagramの略称)”しかやってなくない?」と思った方も多いのではないでしょうか。月間ユーザー数はtwitterが一番多いのが現状です。

 

一方、世界ではどのようなユーザー状況となっている見てみましょう。

Facebook 24.14億

Twitter 3.3億

Instagram 10億

(LINE) 1.64億※

(You Tube) 19億

世界ではfacebookのシェアが非常に高く、次いでinstagramといった構成となっています。facebookでは日本ではリリースされていないサービスや機能が、海外では利用できたりとユーザーの利便性に富んだSNSと言えるでしょう。

 

Facebook

SNSの雄である「Facebook」は2006年9月26日に公開されたSNSです。当時ハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグが友人と共に創業した会社であり、現在は世界最大のSNSとして、今なお君臨しています。

 

主なユーザー分布としては、以下となっており。

・北米ユーザー 2億4400万人(10.1%)

・ヨーロッパ圏ユーザー 3億8500万人(15.9%)

・アジア圏ユーザー 9億8100万人(41.5%)

昨今では、北米やヨーロッパ圏のユーザー数の成長が鈍化する一方、アジア圏やその他地域を中心にユーザー数を拡大しています。(アメリカにおいては既に人口の70%以上が利用しており、認知率は100%に近いと想定されるため、爆発的な成長は見込めないでしょう)

現在、Facebookはアフリカ地域に衛星を使いインターネット環境を提供する取り組みを行っておりますが、このような取り組みを通して発展途上国を中心にどれだけユーザー数を伸ばすことができるかが大きなポイントとなっています。

日本国内においては、Facebookを利用するユーザー数は2800万人を突破しています。北米が人口の7割以上がFacebookを利用しているのに対して、日本では人口の約30%程度の利用率に留まっており、まだ若干の伸びしろはあるように思えます

しかし、日本国内のSNS利用者数が人口の7割を突破していることを考えると、10代を中心にFacebook離れが進んでいるとも言えるでしょう。

 

Twitter

Twitterの全世界の月間利用ユーザー数は3億3千万人となっています。非常に多くのユーザーに使われている印象のTwitterですが、実は先の見通しはあまり明るくありません。

日本国内におけるTwitterの月間利用ユーザー数は、4500万人です。Twitterの年齢分布の特徴は、10代20代の若年層の強い支持です。Twitterの一番の特徴は活発に行われる「リツイート」です。近年急成長している「Instagram」や「Snapchat」がいわゆる「リツイート機能」の無い拡散性の低いSNSであるために、「拡散」を重視するオープンなSNSであるTwitterはテレビとの連動なども積極的に実施されています。この独特のポジションは今後も加速していくことが想定されます。

 

Instagram

Instagramは現在、最も成長率が高く最注目のSNSです。インスタグラムのリリースはFacebookやTwitterと比較すると遅く、2010年10月6日ですが、世界シェアでは既にTwitterのユーザー数を抜き去り主要3大SNSの中では2番目の位置につけています。

日本国内におけるインスタグラムの月間利用ユーザー数は3300万人を突破しました。Instagramの年齢分布の特徴は、20代からの強い支持です。また、男女比については男性43%、女性57%となっています。従来は女性の割合が非常に高い印象のSNSでしたが、男女ともに利用される人気のSNSとなっています。

今回紹介した3大SNSの中で最もユーザー数の伸びが大きい急成長SNSであり、様々な機能が追加されるたびに新しいユーザーが増え続けています。当初は写真に特化したSNSでしたが、動画投稿が可能となり、ストーリーズ機能がリリースされ、また動画をLIVE配信できる機能がリリースされるなど、よりダイレクトに感性に訴えかけるメディアになっていきユーザー数も急増しています。どんどんと新しい遊び方・使い方が行われているSNSであり、今後も目が離せないSNSと言えるでしょう。

 

 

Instagramなどの時代の流行を追いかけてしまいがちですが、それぞれのSNSにはそれぞれの特徴に合ったユーザーが存在しています。それぞれの施策やマーケティングプランに合わせてSNSを活用することが大事かもしれません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

RELATED JOURNAL

関連記事一覧

ARCHIVES