Top

WORKS

2018.07.27

女性ショップスタッフのキャリアステップと自己実現

「洋服が好き」その想いを思い切り表現できる職業こそショップスタッフですよね!そんな、充実した”ショップスタッフ”として数年を過ごし、仕事に慣れてきた時に、ふと「次のステージで今までの経験を生かしてみたい!」と思うことはありませんか?

 

そんな頑張る女性ショップスタッフの皆さまへお届けするのが、「女性ショップスタッフのキャリアステップ」です。そして、自身の将来のビジョンや目標を達成するための自己実現を、事例とともにお届けします。

 

今回は昨年よりスーパーバイザーとして活躍している浅沼SVにインタビューしました。

 

ファッションの魅力に惹かれてアパレル業界デビュー

大学卒業後ファッション業界へ進んだキッカケを教えてください。

− 私は服飾の専門に行っていたわけでもなく、ファッションの業界を志望していたわけではありませんでした。

 

ではなぜアパレル業界、ショップスタッフの道を選んだんですか?

− 「服が好き」それに尽きると思いますね(笑)好きな服に囲まれて、思い切りファッションを楽しみたいという想いが強かったように感じます。

 

では念願だったアパレル業界でショップスタッフとなっていかがでしたか?

− やはり最初はとても楽しかったです。トレンドの最先端を感じられるブランドのショップスタッフをしていたので、ファッションに常に触れている感覚もあったので刺激をたくさん受けていました。でも、数年勤めていると業務に慣れてくるというのもあって、「もっとこんな事したい!」とか「こんな事できたら面白い!」という自我が芽生えてきたのを覚えています。

 

自分でやりたい事や目標みたいな物が出てきたって事ですか?

− そうですね。それからは常に「こんな事した!」と目標というか夢を描きながら仕事するようになりました。

 

 

目標であった「店長」への遠回り

ショップスタッフとして働く中で、最初にどんなキャリアや夢を描きましたか?

− まずは店長をやってみたいと思いました。でも、ファストファッションブランドという事もあり、日々の充実と業務の習慣化に面白みを感じなくなってしまいました。それもあり、もっとお客様にファッションを自分自身の手で伝える事ができる環境に身を置きたいと考えるようになりました。

 

それをキッカケにクレセントアイズへの転職を決断したんですか?

− そうです。たまたま、知り合いの方がその当時クレセントアイズの運営する店舗で働いていたという事もあり誘いを受けました。

 

すぐに店長という目標は達成できましたか?

− 決してすぐではなかったです!ラグジュアリーブランドのショップスタッフとして数年勤務しました。

 

ではどのようなタイミングで「店長」というポジションに着いたのですか?

− クレセントアイズに入社してすぐに当時の上司である村田(現)社長に「私は店長になりたいです!」と言い続けていました。それ以上に、上司とミーティングをこまめにできたり、キャリアに関する面談、目標管理などの人事制度の充実に驚きました。それもあって実現した店長という職だと思っています。

 

− 入社後数年して村田社長に「店長をやりたいなら、ここでやってみないか」と新たにクレセントアイズで運営することとなったブランドのショップで店長となりました。目標にしていたものの、いざなってみると不安が大きかったり、自信がもてなかったりと最初からスムーズに店長業務を行えていたわけではなかったです。

 

どのようなスタンスで「店長」という業務と向き合っていましたか?

− 自分を信頼してくれて、想いを具現化してくれた村田社長の為にも頑張らないと!と思っていました。恩返しではないですけど、せっかくの機会を無駄にしてはいけないなと感じていました。何か一緒に成功を成し遂げるではないですけど、それに近い想いのもと必死だった気がします。

 

 

必死だった店長時代を経て、スーパーバイザーへ

昨年からスーパーバイザーとなったわけですが、なってみていかがですか?

− 自店のメンバーのマネージメントと自店の管理を行えばよかった店長と違って、多くの人をマネージメントしながら、沢山の店舗の管理を行わなくてはいけなくなりました。それがプレッシャーではないですが、大きな責任を感じています。

 

− 仕事のスケールも大きくなり、今では会社の方向性や方針に合わせて決断を下さなくてはいけない場面も多く、今までの業務経験をいかすのはもちろんですが、今まで以上に努力しなくてはいけないと思っています。

 

− 今までとはまるで時間の使い方が違います。それに戸惑いました。とにかく業務が多岐に渡るので、仕事量が純粋に多くなりました。関わる人も増えましたし、自分が誰かに指示を出したり、仕事を依頼するようになったので、今まで以上に要領良く立ち回らなくていけなくなりました。今はそれを楽しむことができています。

 

今更ですが・・・どのような経緯でスーパーバイザーとなったんですか?

− 正直、店長になった後のキャリアは考えていませんでした。ひたすらに「店長になりたい!」とい想いだけでしたので(笑)そんなある時にスーパーバイザー昇進の打診を受けました。ここだけの話、やれる自信が全然なくて・・・「私で本当に良いのだろうか」というのを自問自答しました。でも、せっかく貰ったチャンスなので、「はい!やります!」と決心するまで時間はかからなかったと思います。

 

どうして自分がスーパーバイザーというキャリアステップをできたと思いますか?

− (怒られるかもしれませんが・・・)自分自身でも分かりません!それが本音です。でも、目の前の事を必死に、がむしゃらにやってきた自信はあります。それを見てもらえていたというのがあると思います。

 

− それはクレセントアイズの社風でもあるかもしれません。成果が出れば一番分かりやすいですが、成果が出ないときでも一生懸命頑張っていれば、その努力を評価してくれるという会社の社風が、評価に繋がったのではないかと思ってます。

 

素敵なお話ありがとうございます!

 

ショップスタッフとして働く今。そして、「こんな事がしたい!」という想いを大切にしながら、目の前にある仕事に必死になれば、浅沼SVのように見えてくる世界もあるのではないでしょうか。

 

自信の夢や目標を大切にし、描くのはもちろん、それを口に出し実行してみる事で新たなステップも見えてくるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Relation
関連記事

2019.11.08

肌寒さを感じる季節になり、"冬"を意識している人も多いのではないでしょうか。そんな季節にクレセントアイズから待望の業態が誕生しました! その名も『hilalay potato(ヒララポテ...

2019.11.04

販売員を長くやっていると自分では何も変化は無いと思っていても、些細な部分の変化で「売れる」時もあれば、「売れない」時もありますよね! そして、売れない時に考え込めば考え込むほど上手くいかなくなり...

2019.11.01

アパレル販売員を初めて3年。気づけば店舗で中堅になっているこの頃。ふと振り返るとアパレル販売員特有の"癖(くせ)"が染み付いていたり・・・ 自分では気づかず、他人から言われて気づくことっ...

2019.10.09

おしゃれなイメージで若者が憧れるファッション業界ですが、実際ビジネスとしてはどのようなトレンドなのでしょうか。ファッション業界に携わっていても、ファッションビジネスの実態を知らない方は多いかもしれませ...

2019.10.05

「買い物に行くのは好きだけど、店員さんに話しかけられるのが好きじゃない・・・」そんな若者が増えている昨今。以前は、気の知れた店員さんに接客されたい!といった目的でショップを訪れるお客様が多かったように...