Top

WORKS

2018.03.31

クレセントアイズ流!運気を上げるショップ作り

あちらこちらで桜が街をピンクに彩ってくれているこの頃。「連日お花見の予定でいっぱい」という方もいれば、「花粉症が・・・」という方も。。。それぞれの春を感じている頃ではないでしょうか。

 

ショップでも、ディスプレイはすっかり春モードになり、季節を先どっているショップでは夏モードなんてところも多く、アパレル業界の季節変化を体感しますよね。

季節の変化を感じながらも「売上が・・・」や「集客が・・・」と頭を抱えているショップやブランドも多いのではないでしょうか。

 

今回はクレセントアイズ流のショップの運気を上げる方法をお教えします!

効果があるかないか・・・信じるか信じないかはあなた次第!!

 

運気を上げて集客アップ!

ショップにおける集客の運気を上げる重要な要素は『鏡』です。

 

そもそも・・・

鏡は古来より邪を祓う力を持っていると信じられてきました。神社のご神体も、鏡がまつられていることが多いのも、それが理由なのです。ただし力が強いだけに重複すると魔を呼ぶとも言われているのです。鏡同士で写り込みが無いように配置を心がけるてみましょう!

 

ついつい利便性を追い求めて、”合わせ鏡”になってしまっているなんてことはありませんか?

ぜひチェックしてみましょう。

また、運気を招き入れるのが「入口」です。

ショップの入口は整理整頓や商品整理を行うだけでなく、清掃やディスプレイ直しも行い、常にキレイな状態を心がけましょう。

 

お客様が来店しやすい理由にもなります。

 

金運アップで、ショップの売上げもアップ!?

小売業をしていると、絶対につきまとうものが『売上』です。

売上こそショップの生命線ともなるのです!

 

そんなショップの売上を上げるべく”金運”を上げてみるのはいかがでしょうか。

 

①水回りに気を付ける

『水』の気は本来、金運を呼び寄せるものと言われています。しかし、強すぎるほどパワーがあるとも言われており、汚れた水を放置したり飛び散った水滴が周囲を濡らしていたりすると運気を下げてしまい逆効果ともなります。ショップ内に水回りがある場合はいつも清潔に保ち、周囲の水滴をサッと拭き取るようにしましょう。

 

②金運のカギを握るレジ

レジを配置するのみ適した場所の一つに、財位(ざいい)といわれる場所があるといわれています。

ショップの入り口から、対角線上でもっとも遠い距離となる場所が、財位となります。なので、財位にレジを設置することで、どんどんお金が入ってくると言われています。

 

また、整理整頓は運気を上げる大きなポイントです。レジ回りやレジ周辺には物を出しっぱなしにしたりせず、常に整理することを心がけましょう。

 

また、鏡とレジの組み合わせでも運気アップを実現できると言われています。

鏡には「物を映す」効果があります。つまり、物を映しだし増やす効果があるといわれています。レジを映すことで『金』にまつわるものを増やしてくれるとも言われます!

 

あなたのショップではゴミ箱や売れ残った商品などを映していませんか?

 

 

いかがでしたでしょうか。

これらは、あくまでも”クレセントアイズ流”の運気が上がると考えているものであり、運気アップや商売繁盛を確約する専門知識ではございません。

 

なんと言っても、ショップを素敵な空間にしてくれるのは、「素敵な商品」と「素敵な販売員さん」というのは言うまでもありません!

 

ぜひ、この記事を参考の一つとしてみてください♪

クレセントアイズは世界の素敵なショップを応援しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Relation
関連記事

2018.07.17

日本でのストリートファッションが、ムーブメントとなった1980年代。「原宿」や「渋谷」という場所が、若者達の新たなファッションの聖地となった。従来のトラッドスタイルやプレッピースタイルとは違った、独自...

2018.07.04

時代の変化と共に、「転職」というキーワードも珍しくないワードとなっている昨今。むしろ、「転職」を通じてキャリアビジョンを描くことを考える社会となっていると言っても過言ではないではないだろうか。 ...

2018.07.02

オシャレを楽しみ、キラキラと輝き、あこがれの対象となることの多いショップスタッフ。レディースファッション業界においては、販売員でありながら、雑誌で活躍するモデル以上に人気となる存在、いわゆる「カリスマ...

2018.05.22

クレセントアイズでは、中国出身の孫さんが働いています。日本で感じたことや仕事で学んだことなどをインタビューしました。 日本に来たきっかけは何でしたか? 孫さん:中国でも日系のアパレル企業で...

2018.05.20

"オシャレ"というワードをキーワードに、自由に自身を表現することを楽しむことができるのが『ファッション』です。そんな、自由なファッションも時と場所と場面によって適切なものを選択する必要があります。 ...