Top

FASHION

2016.12.22

いよいよ冬のセール開始!今こそゲットすべきアイテム7選【男性編】

女性編に引き続き「男性編」と題しまして、これからピークを迎えるセールにて今だからこそゲットすべき、注目アイテムをご紹介します!

 

 

長く使える定番モノも狙い目ですが、今シーズンの流行をお得に楽しめる絶好の機会。セールで何かは買いたいけどその“何か”を決めかねてるという人、ぜひこのアイテムリストを参考にしてみてください!

 

 

 

 

01.一着は必ず持っていたい「フライトジャケット」

ミリタリーアウターはメンズのお洒落に欠かせない定番アイテムのひとつ。中でも今季は、シンプルなものから個性的なものまで、様々なデザインのフライトジャケットが登場しています。ビッグシルエットトレンドの影響を受けて、袖が長いものや身幅が広いデザインのものが増えたのも今季の特徴ですね。人気のMA-1に始まり、B-15シリーズなども着こなすファッショニスタが目立ちます。

 

 

ce12211source/Pinterest

 

クラシカルな正統派MA-1は、カジュアルはもちろんのこと、シャツの上に羽織ってもこなれ感を演出できたりと幅広く使えるので、一着は持っていたい優秀アイテムです。

 

 

 

ce12212source/Pinterest

 

またロング丈のMA-1風コートも今季らしい仕様。スキニーパンツなどの細身のボトムスと合わせ、足元も肌を出すなどしてスッキリ見せることを意識すれば、かなりのスタイルアップが期待できます!

 

 

 

ce12213source/Pinterest

 

デニムジャケットとフライトジャケットをレイヤードする着こなしも流行中です。B-15シリーズはボアがアクセントになるので、なかなか手を出しにくい写真のようなデニムonデニムスタイルもばっちり決めることができます。

 

 

 

 

02. ビジネスカジュアル派なら「ダッフルコート」

もう少し落ち着きのあるアウターを取り入れたいという人にオススメするのが、ビジネスカジュアルスタイルに相性抜群なダッフルコート。ランウェイでも多数ブランドが発表していました。

 

 

ce12214source/Pinterest

 

ダッフルコートは、大きすぎたり丈が短すぎたりとボディにフィットしないものは幼い印象になりかねません。実際に羽織ってみて自分のボディに合う、バランス良く見えるものを購入するようにしましょう。キャメル色や紺色のダッフルコートは、洗練された大人の雰囲気に仕上がります。

 

 

c12215source/Pinterest

 

遊びとして、落ち着きもありながら垢抜け感を出せるバーガンディなどの色味を取り入れるのもお洒落ですよね。デニムアイテムやブラック、ブラウンのレザーアイテムとも相性◎。トグル部分は、ブラックなどダークカラーを用いたもののほうが締まりが出るのでオススメです。

 

 

 

 

03.レトロ感満載の「ワイドパンツ」

30〜40年代に流行したワイドパンツが再熱した今季。ボトムスを主役に、トップスやアウターはシンプルなものを合わし、ラフさの中にも清潔感を残すスタイリングは引き続き注目です。

 

 

ce12116source/Pinterest

 

当時はハイウエスト、裾までワイドに広がったシルエットのものが定番でしたが、着こなすにはなかなかハードルが高いですよね。初心者さんでもお洒落に仕上げられるコツは、裾をロールアップして足首を見せてあげること。デニムのワイドパンツにあえてソックスを合わせて、ストリートスタイルに振り切るファッショニスタも多いです。

 

 

 

ce12217source/Pinterest

 

こちらもロールアップして足元に抜け感を作っています。素材によってもだいぶ印象が変わってきますよね。色味に関しては、ブライトカラーや柄物は主張が激しくなってしまい全体のバランスを取るのが難しくなってくるので、モノトーンを選ぶのが無難です!

 

 

 

 

04.今ドキを気取るならインパクト重視の「スエット」

なんといっても今季の重要キーワードはビッグシルエットやボリューム感。かなりオーバーサイズだったり、あるいはヴィンテージライクなもの、また柄や加工でひねりを効かせたものなど、インパクトのあるスエットが一押しです。

 

 

ce12218source/Pinterest

 

ストリートスタイルでは、縦のレイヤードも欠かせません。スエットの下にTシャツを2枚ほど重ねて、上半身に重みを置いたスタイリングがトレンドです。その変わり、ボトムスはなるべく足のラインが分かる細めのパンツを合わせるようにしましょう。

 

 

 

ce12219source/Pinterest

 

退色やリッピングなどの加工により、ヴィンテージライクな雰囲気を醸し出すスエットにも要注目です。ブリーチの効いたデニムや色が薄めのボトムスを合わせれば、レトロ感が強まります!

 

 

 

 

05.重ね着にも重宝する「ロング丈Tシャツ」

前述した通り縦のレイヤードを作る着こなしが流行していますが、その際に重宝するのがこのロング丈Tシャツ。もちろん1枚でもスタイリッシュに決まるので、まだ持っていないという人はこのセールを機に、購入してみてはいかがでしょう?

 

 

ce122110source/Pinterest

 

トップスで縦ラインを作ったスタイリングは、ストリートの印象が強くなりそう……と思うかもしれませんが、ルーズめのボトムスと合わせればモードな雰囲気にもシフトすることができます。アウターはTシャツよりもやや短め丈のジャケットか、チェスターことなどIラインがしっかり出る長めの丈のものを選ぶと◎。

 

 

 

ce122111source/Pinterest

 

レイヤードする際は、内側から外側にかけて色を濃くしていくと、初心者でもバランス良くおさめることができます。そのため、ロング丈Tシャツは白を持っていると便利ですね。特にダークトーンのアイテムで固めがちな人は、アクセント使いとして持ってこいです。

 

 

 

 

06.絶対にハズさない「アースカラー」アイテム

70年代後半に流行したとされるアースカラー。主に大地や木の葉などの自然をベースにした、ベージュやカーキ色を指します。今季は、ややくすみがかったアースカラーで全身をまとめたり、グラデーションを作ったスタイリングも人気なんです。ナチュラルで自然体、頑張りすぎてない感がお洒落に繋がるんですね。

 

 

ce122112source/Pinterest

 

一部ブラックでメリハリを効かせていますが、ベージュをメインにやさしい印象を与えてくれるスタイリングです。小物も同系色でまとめて、統一感が出ています。

 

 

 

ce122113source/Pinterest

 

こちらはスモーキーなカーキにオリーブ色、そしてニュートラルなグレーを加えて全体のバランスを上手に捉えています。コーディネートを組むときはメリハリをつけるのも大事ですが、色を多用せずにあえてアースカラーの淡い色味でまとめるのもお洒落に見せるコツです。

 

 

 

 

07.スパイスの効いた「スニーカー」

スニーカーはここ数年ブームとなっていますが、今手に入れたいのはデザインがユニークなスニーカー。ブームだからこそ、人とは一味違う足元で一歩先に出たいですよね!

 

 

ce122114source/Pinterest

 

モードブランドとスポーツブランドのコラボデザインなどは、ユニークなものが多いのでチェックしたいところ。(こちらは「Rick Owens×Adidas」。)

 

 

 

ce122115source/Pinterest

 

また色使いや柄もので人と差をつけるのも良いかもしれませんね。コーディネートのアクセントにもなるので、セールの時に普段あまり履かないような色を揃えておきましょう!(ちなみにこちらは「GUCCI」の16FALLコレクションのスニーカーです)。

 

 

 

 

気になるアイテムはありましたか? セールで安いからとやみくもに手にするのではなく、トレンドはもちろんのこと自分に合うかどうか試してみたり、素材などもしっかり確かめてから、愛用できるアイテムをたくさんゲットしてくださいね!

 

 

 

Top Photo/NEWS CULT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Relation
関連記事

2018.09.05

まだまだ暑い日が続いているけれど、9月に入ると徐々に秋色めいて、気付けばワードローブもすっかり秋ものへとシフトチェンジ。すでに様々なショップで、秋ものが展開されていますよね! そこで、今シーズン押さえ...

2018.08.27

例年よりも非常に暑かった今年の夏もピークが過ぎ、夜になると少し肌寒く感じるようになってきました。秋が少しずつ近づいていますが、秋といえば「オシャレ!」と考える方も多いのではないでしょうか!? ...

2018.07.31

日本のファッションカルチャーの幕開けとも言える80年代。若者たちの台頭により新たな流行を生み出した80年代。90年代に入るとドメスティックブランドや裏原スタイルといった、独自の感性を表現したブランドが...

2018.07.30

時代の進歩と共に、ファッションの歴史も弛(たゆ)まない歩みを続けている。欧米のファッションカルチャーの影響を受け、日本独自のファッションカルチャーが構築されたのは、ほんの40年前のことだ。この40年で...

2018.05.26

この季節のファッションアイテムとして、圧倒的な存在感を放つのが「アクセサリー」です。気づくと、夏の暖かな陽気と共に薄着となっていく、レディースファッションにおいては、なくてはならない存在となっています...