Top

WORKS

2016.10.03

【インタビュー】お客さまの人生に寄り添いながら、自分自身も成長できる!

クレセントアイズで働くスタッフのリアルボイスを、何度かに分けてお届けしていますが、今回はアンディコール横浜ジョイナス店にてショップスタッフを務めるTさんに、クレセントアイズで働く魅力についてお聞きしました。

 

 

 

 

お客さまの人生に寄り添える大好きな接客の仕事

 

ce16100032

 

 

—はじめに、これまでの経歴についてお聞かせください。

 

もともと接客が大好きで、はじめはアクセサリーの販売に携わっていたのですが、その後編集のお仕事への興味も捨て切れず、一度編集者を経験しました。ちょうど一年半前に今のお仕事の機会をいただいて……最初は不安があったのですが、大好きな接客を軸にしたいということ、その接客のスキルやレベルをもっともっと磨いていきたいなという思いから、販売のお仕事に戻ってきました。

 

 

 

—接客のスキルを磨きたいという意思がお強いのですね!
 
接客って楽しいじゃないですか! 商品を通して、お客さまの生活に寄り添えることがとても幸せなんです。お店に遊びにきて、近況を報告してくれるお客さまもいらっしゃるんです。その人の人生が垣間見れて、それを共有してくれることが嬉しいですね。

 

 

 

—そんなスキル磨きに役立つ研修プログラムも豊富だとか?

 
クレセントアイズでは様々な研修を受けることができます! 基礎的なことはもちろん、心理学などを利用してコミュニケーションの本質を学ぶことができるんです。例えばお客様と一口に言っても、触って商品を選ぶ人もいれば、目で見て選ぶ人もいたりと五感の使い方ってそれぞれ違いますよね。その違いに対して、お客さまの考えをどう汲み取るかなど。販売以外の分野でも役立つことだらけですね。また、役職やマネージメント向けなどのプログラムもあったり、個人それぞれに合わせて研修が組まれていくので、内容も都度変わりとてもためになります。

 

 

 

学ぶ要素がたっぷり詰まったオリジナルの研修プログラムは、社内でもとても支持が高いそう。販売スキルだけでなく、本質からコミュニケーションスキルを習得できるので、人間としてひとわまりもふたまわりも成長ができるとのこと。

 

 

 

 

お客様と信頼関係が築ける店舗づくりを

 

ce1610031

 

—実際に店舗に立ち、大変だなと思うことはありますか?
 
過去に販売経験があるものの、ブランドによって接客方法も変わってくるので、0から学ぶ気持ちで日々頑張っています。ポップアップやラグジュアリーブランドのクライアントさまとやりとりする機会も増えたので、責任感もひしひしと感じています。でも、その分やる気に変わりますね!

 

 

 

—大変なこともバネにということですね。それでは、今後の展望を教えてください!
 
ネットの普及などで、お店に訪れなくても商品を買える時代になりましたよね。だからこそ、販売員としての力を試されているというか。お客さまとの信頼関係を築くのが本当に大事なんだなと実感しています。皆さんがもっと足を運んでくれる店舗づくりを目指しています!

 

 

 

—ちなみに休日はどんなことをされているんですか?
 
立ち仕事ではあるので、休日は体をリラックスさせることを意識しています。家の近くのキックボクシングにも通っているんです。思いっきり体を動かして、リフレッシュしています。

 

 

 

初心忘れるべからず!ということですかね。また、自分でオンオフをコントロールできているあたりもサスガです。

 

 

 

 

「働きやすい環境が整った会社です!」

 

ce1610033

 

 

—スタッフのみなさんどうし、とても仲が良いイメージですよね!

 

研修などの後には毎回飲み会が開かれるんです(笑) クレセントアイズでは年齢を超えて、交流する場が設けられていますね。サブ会などでも他店舗のスタッフと顔を合わせる機会が多いので、それぞれが得た情報を交換しています。

 

 

 

—Tさんが感じるクレセントアイズの魅力とは?
 
建前ではなく、人生経験としてとても良い会社だなと思います。人それぞれをちゃんと見てくれているなって感じるんです。数字ではなく、パーソナリティを重んじて評価してくれるところも良いですね。困った時にも相談しやすい環境が整っています。それって働きやすさにつながるじゃないですか。上司とこんなに関係が近い会社は他にあまりないのでは?と思うくらいです。社員旅行もありますしね!

 

 

 

—最後に、仲の良い上司に伝えたいことはありますか?
 
お酒はほどほどに!(笑)

 

 

 

店舗スタッフとしての接客のお仕事以上に、クレセントアイズだからこそ得るものが多いと感じさせてくれたTさん。そんな魅力のつまったクレセントアイズでは、一緒に働きたい!という方を募集しています。

 

 

 

 

クレセントアイズ募集要項

 

CE1608165

 

 

「ラルフローレン」「ステラマッカートニー」「マッキントッシュ×HYKE」「GUCCI」「KENZO」「トラディショナルウェザーウェア」「アンディコール」「JUNKO SHIMADA」「アズール バイマウジー」「瞬足/アキレス」「フェイラー」「ALEX AND ANI」「アンファミエ」……

 

 

誰もが知るブランドのショップ店舗スタッフとして、運営を委託されています。各店舗のスタッフ数は約4~5名、大きい店舗で10名~25名の体制で運営しています。

 

 

 

 

【具体的な仕事内容】

 

◆各店舗における販売・接客

店舗ごとに取り扱うブランドは様々、お客様の層に合わせて接客方法なども変わってきます。配属前にブランドごとの販売研修でしっかり学び、その後は実務を通して覚えていきましょう。

 

◆店内の商品ディスプレイ

新作リリースやセール、イベントなどのタイミングで、商品や店内のディスプレイ変更を行っていただきます。

 

◆顧客フォロー業務

お礼状やハガキの送付。お客様一人ひとりに対してご案内する大切な業務です。

 

◆スタッフ教育・指導

キャリアを重ねるごとに、後輩やアルバイトの指導も担っていただきます。

 

 

 

【キャリアアップについて】

 

弊社では
様々なキャリアプランをご用意しています。

 

販売の道を究めたり、店長として店舗運営に関わったりする以外にも、適性に応じて、他の企業へ「接客」を教える教育研修コンサルタント、ビジュアルマーチャンダイジングのコンサルタントとして活躍することも可能です。当社では、このような仕事にキャリアチェンジしたいというスタッフが活躍しています!

 

また、有名ブランド外資企業グループとの提携により、弊社でラグジュアリー販売を1年経験の上、前記グループの社員登用とする仕組みもございます。

 

 

 

【求める人材】
アパレルショップにおける接客経験をお持ちの方、優遇いたします!

 

<職種・業種未経験者、第二新卒、歓迎!>

京阪神エリア・福岡エリアなど遠地勤務出来るスタッフ大募集!(社宅制度有)

 

 

 

【募集背景】
事業拡大の為、主体性とリーダーシップのある人材を求めています!

 

 

 

【給与】
月給:20万5,000円~

時給:1.100円以上

 
※経験、配属ブランドにより異なります。

 

 

 

【勤務地】
東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、神戸、京都、札幌にある各店舗での勤務となります。

希望の勤務地について考慮いたしますのでご相談ください。

 

 

【勤務時間】
シフト制(実働7.5〜8.0時間)

※店舗により異なります。

 

<勤務時間例>

10:30~21:30、9:30~20:30など

 
※残業は月20時間以内と定めています。

 

 

 

【雇用・契約形態】
正社員、契約社員、フルアルバイト等希望により相談を承ります。

正社員のみ年齢を制限しておりますのでご相談ください。

 

 

 

【待遇・福利厚生】
決算賞与(年1回、業績連動)、昇給あり、社会保険完備、交通費支給(上限3万円)、定期健康診断、制服貸与(1シーズンにつき2着)、社員割引制度あり、管理職手当(5万~10万円)、業務手当(1万~4.5万円)、技能手当(中国語・英語・韓国語、1ヶ国語につき1万円)、家族手当(配偶者6000円、第1子6000円、第2子5000円)、入社・転勤に伴う寮制度あり、社員海外研修旅行業績に応じ有り

 

 

 

【休日・休暇】
月9日(基本8時間勤務)、アウトレットは月8日(基本7.5時間勤務)、有給休暇、慶弔休暇、育休・産休制度あり!
※利用実績あり!職場に復帰し時短で就業の正社員も活躍中です。

 

 

 

【選考プロセス】
書類選考を行った上、面接1~2回を予定しております。

 

 

 

まずは、お問い合わせフォームよりご応募ください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Relation
関連記事

2018.07.17

日本でのストリートファッションが、ムーブメントとなった1980年代。「原宿」や「渋谷」という場所が、若者達の新たなファッションの聖地となった。従来のトラッドスタイルやプレッピースタイルとは違った、独自...

2018.07.04

時代の変化と共に、「転職」というキーワードも珍しくないワードとなっている昨今。むしろ、「転職」を通じてキャリアビジョンを描くことを考える社会となっていると言っても過言ではないではないだろうか。 ...

2018.07.02

オシャレを楽しみ、キラキラと輝き、あこがれの対象となることの多いショップスタッフ。レディースファッション業界においては、販売員でありながら、雑誌で活躍するモデル以上に人気となる存在、いわゆる「カリスマ...

2018.05.22

クレセントアイズでは、中国出身の孫さんが働いています。日本で感じたことや仕事で学んだことなどをインタビューしました。 日本に来たきっかけは何でしたか? 孫さん:中国でも日系のアパレル企業で...

2018.05.20

"オシャレ"というワードをキーワードに、自由に自身を表現することを楽しむことができるのが『ファッション』です。そんな、自由なファッションも時と場所と場面によって適切なものを選択する必要があります。 ...