2020年秋のトレンド最新速報(ウィメンズ編)

2020.08.08

夏のセールや外出自粛明けのショッピングなど夏のファッションを楽しんでいる一方で、2020年の秋冬コレクションを気にされているファッション感度の高い方も多いのではないでしょうか。ファッション好きだからこそ、トレンドファッションはしっかりおさえておきたいですよね!世の中が暗いムードに包まれていてもファッション業界は止まりません!最新のファッション情報を手に入れて、周りから一歩先へ進んでみてはいかがでしょうか♪

 

今回はトレンドファッションをキーワードと共にお届けします!

 

キーワードその1 #グランジ

トレンド中心は90sストリートテイストからグランジスタイルへ!チェックのネルシャツを腰に巻き付けたようなスタイルに、大きめなサイジングと重ね着でも当時のスタイルを現代でリブートするのが流行る予感。ロマンティックなブラウスにダメージデニムを合わせり、ショート丈ニットに花柄スカートを腰ばきした90sローカルガーリースタイルで野暮ったさと不良っぽさを表現してみるのも。

 


 

キーワードその2 #タッセル&フリンジ

繊細なフリンジを日常づかいに。動きに合わせて軽やかに揺れるパーツは、ツイードやニットなど厚手素材のコーディネートと好相性です。アウターの裾からレイヤードでちらりと覗かせてIラインシルエットにニュアンスをプラスするのも悪くなさそう。シンプルになりがちなモノトーンドレスを細かなフリンジで華やかに仕上げてみても良いですね。

 


 

キーワードその3 #ブルジョワ・シック

先シーズン引き続き、ヨーロピアンブルジョワなブームが継続しそう。エレガント志向が一層高まった2020秋冬シーズンはエレガントさがキーワードになりそう。ブルジョワジーとは、18世紀の産業革命期に誕生した新しい階級で、新しさ・きらびやかなもの・洗練に興味を持ち始めた人たちの事を意味します。好奇心旺盛でファッションを進化させたブルジョワにフォーカスを当てたヨーロッパのメゾンブランドをはじめ、時代にフィットさせたモダンなブルジョワルックを提案したブランドが多数ランウェイを彩りました。メイントレンドの、ストリート要素やヴィンテージ感(グランジ感)を一切排除した品の良さを追求したジャケットルックや質の良いカシミアアウターなどエターナルなアイテムで、“いいものを長く着る”という価値観に注目してみてください!

 


 

キーワードその4  #ブラック

パリではファーストルックにオールブラックでまとめたスタイルを提案するブランドが多数。黒のもつ強さや美しさを強調し、デザインやディテールの美しさを際立たせたルックもランウェイで多くみられました。ミステリアスな黒やタフネスな黒、シャープな黒など、ブラックをメインカラーにして黒特有の奥深さを自分らしく表現してみては。

 


 

キーワードその5 #セットアップ

クラシック回帰ブームの波に乗って、メンズのトレンドに続きセットアップがトレンド筆頭アイテムに。ジャケット+パンツの組み合わせが中心ですが、新顔としてはクロップト丈のバミューダパンツやひざ下丈のスカートとの組み合わせもトレンドインの予感。スーツ=堅い真面目な服という概念を覆す、より自由な解釈でモードに昇華したセットアップに今シーズンはチャレンジしてみて♪

 


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

RELATED JOURNAL

関連記事一覧

ARCHIVES