Top

FASHION

2016.06.22

トレンド最先端!流行の「テラコッタ」カラーはどう取り入れる?

夏になると、テラコッタ肌=日焼け肌に見せるブロンザーやクリームといったコスメが続々発売されますよね。
実はこの「テラコッタ」、ファッション界でも今じわじわ人気を博している大注目カラーなんです。

 
そこで今回は、テラコッタのオシャレな取り入れ方を、いくつかのコーディネートとともにご紹介したいと思います! 最後のおまけとして、メンズ編もお送りしていますよ。

 
 
 

「テラコッタ」カラーとは?

イタリア語の“terra cotta=焼いた土”から派生し、茶色がかったオレンジ色を指します。赤土色といったほうが分かりやすいかもしれませんね!

 
茶色ほどダークでなく、オレンジ色ほど鮮烈すぎない、そんな絶妙な色合いが人気の理由のひとつ。つまり、地味すぎず派手すぎずで、まさに大人の装いにぴったりなんです。

 
 
 

【初級編①】デニムスタイルに相性抜群のテラコッタ小物

 

CEterracotta1

 
普段、茶系やオレンジ色のアイテムはあまり身に付けないといった初心者さんは、小物でテラコッタを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 
この色味とマッチするのが、ブルー。身近なところでいうと、デニムアイテムです。皆さん、ひとつはお持ちではないでしょうか? 特に、ブリーチの効いた明るめの色より、濃いインディゴブルーのほうがコントランストが効くため、テラコッタと相性抜群◎

 
ブラックだと重く見えがちなので、夏場は爽やかなホワイトのトップスにデニムパンツ・スカート、そこにテラコッタカラーのバッグやサンダルといった小物を合わせると、グッと今年顔に仕上がります。

 
 
 

【初級編②】光沢素材のショートパンツで大人っぽく仕上げて

 

CEterracotta2
 
動きやすく爽快感のある夏の定番アイテム、ショートパンツも、テラコッタカラーにかかれば大人っぽさに拍車がかかります。中でも、光沢感のある素材のデザインのものを選ぶと、華やかさをプラスすることができます。

 
その代わりショートパンツを主役に、全体のコーディネートを考えるようにしましょう。変に柄物のトップスや色物を持ってくると派手に見えてしまいがち。ここは写真のようなシンプルホワイトTやシャツを合わすのが正解!

 
小物もシンプルに、華奢なゴールドアクセなどでまとめると、都会感の香る大人の装いに。足元は、茶系のサンダルやローファー、ブラックのフ
ラットサンダルなどでシックに決めましょう!

 
 
 

【中級編】リラックスムードのトップスでサファリ仕様!

 

CEterracotta3

 
ブルーのほかに相性の良い色と言えば、同じ系統であるアースカラー。主に、大地や木の葉など自然の織り成す色を反映した色味で、カーキやベージュなどもそのひとつ。テラコッタも土の色を差すことから、アースカラーのひとつと考えても良いかもしれませんね。その中の色を織り交ぜてスタイリングすれば、全体的な色の調和がとれるので失敗知らず!

 
ここでは、エスニックな雰囲気のトップスに、カーキ色のショートパンツ、ベージュのフラットサンダルで、落ち着きのあるサファリスタイルに仕上げています。モノトーンのバッグでアクセント出ししていますが、アースカラーの茶系を合わせるほうが無難です。

 

 
 

【上級編】プリーツスカートでクラシカルな装いに

 

CEterracotta4

 
2016年トレンドボトムスのひとつであるプリーツスカートで、大胆にテラコッタカラーを取り入れたスタイリング。

 
トップスとヒールサンダルをベージュにすることで、茶系のグラデーションでまとめられ、エレガントさや上品さを演出しています。

 
色にはそれぞれ与える“イメージ”があり、茶系は大地や自然のような温もりを感じさせてくれることから、癒し効果絶大のカラーと言われています。

 
つまり、茶系の色味を身にまとう人は温和な印象にうつるのです! 写真のように、スカートでたっぷりテラコッタカラーを取り入れた時は、他のアイテムで黒やヴィヴィッドな色をミックスさせるよりも、ベージュなどの薄めの茶色でメリハリをつけるくらいの色使いのほうが、女性らしくしっとりと仕上がります。

 
 
 

【メンズ編】オシャレ紳士はテラコッタジャケットで決める

 

CEterracotta5

 
番外編として、テラコッタカラーをジャケットに取り入れたメンズのスタイリングをご紹介したいと思います。

 
一見派手に思えるかもしれませんが、写真のようにトーンを合わせて全体の雰囲気をつくると、上品かつとてもオシャレな印象を与えることができます。

 
ポイントは、中に合わせるシャツやネクタイにも茶系あるいはオレンジ色を差すこと、そしてボトムスをベージュにすること。前述の通り、同系色でまとめたほうが全体の馴染みも良く、この系統の色味なら紳士のような、やさしい男性に映ること間違いなし!

 
 
 

いかがでしたか? 大注目のトレンドカラー「テラコッタ」、ぜひコーディネートに取り入れてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Relation
関連記事

2018.10.22

「2000年以降、若者がファッションを牽引してきた。」 "ストリートブランド"なるドメスティックブランドが若者から生み出され、それらは世代を超えて多くの日本のファッション好きを虜にした。その独創...

2018.09.05

まだまだ暑い日が続いているけれど、9月に入ると徐々に秋色めいて、気付けばワードローブもすっかり秋ものへとシフトチェンジ。すでに様々なショップで、秋ものが展開されていますよね! そこで、今シーズン押さえ...

2018.08.27

例年よりも非常に暑かった今年の夏もピークが過ぎ、夜になると少し肌寒く感じるようになってきました。秋が少しずつ近づいていますが、秋といえば「オシャレ!」と考える方も多いのではないでしょうか!? ...

2018.07.31

日本のファッションカルチャーの幕開けとも言える80年代。若者たちの台頭により新たな流行を生み出した80年代。90年代に入るとドメスティックブランドや裏原スタイルといった、独自の感性を表現したブランドが...

2018.07.30

時代の進歩と共に、ファッションの歴史も弛(たゆ)まない歩みを続けている。欧米のファッションカルチャーの影響を受け、日本独自のファッションカルチャーが構築されたのは、ほんの40年前のことだ。この40年で...