Top

WORKS

2018.05.20

クレセントアイズが考えるオフィスカジュアル

“オシャレ”というワードをキーワードに、自由に自身を表現することを楽しむことができるのが『ファッション』です。そんな、自由なファッションも時と場所と場面によって適切なものを選択する必要があります。

 

オフィス街の証券マンがお客様に営業をするにあたって、スーツでないと礼節にかけてしまったり。逆に、リゾートをテーマにした飲食店のホールスタッフが、スーツと革靴というかしこまった格好をするのも、そのお店の雰囲気を台無しにしてしまったり。

 

今回は「ファッション業界」というシーンにスポットを当てて、クレセントアイズが考える、オフィスファッションを紹介します。

 

ファッション業界に携わる人のフォーマル

いくら「ファッション業界」と言っても、百貨店に出向くこともあれば、取引先様にプレゼンテーションに行くこともあります。

 

もちろんこの業界にいると、仕事相手や周囲の”ファッション”に目を光らせ、その人がどんなセンスなのかをチェックすることが癖づいています。更に言えば、一人のファッションが務める会社のイメージとなってしまうなんてこともあります。

 

例えば・・・

格式の高いショップに出入りするような仕事をする際に、「ヨレヨレのポロシャツ」と「サイズ感のあっていないチノパン」、「ボロボロのスニーカー」で入店すれば、すぐさま「清潔感に欠けていて、品も欠けているなら、きっと仕事もテキパキとなってくれないだろう」といったイメージを持たれてしまう可能性もあるのです。

 

また、カチッとしたスーツを身に着けていたとしても「裾の長さがイマイチ」だったり、「ネクタイのセンスがイマイチ」ということがあれば「なんかダサい・・・」そんなイメージすらももたれてしまう可能性があります。

 

「どんなファッションやスタイルが良いのだろうか」

そんな疑問に頭を悩ませる方も少なくないはずです。そんな方はクレセントアイズが考えるオフィスカジュアルを参考にしてみてください。

 

クレセントアイズが考えるオフィスカジュアル

ファッション業界の様々なシーンで仕事をするクレセントアイズ。そのシーンは”販売”の現場にとどまることはなく、バックオフィスや生産・デザインを行うシーンと様々です。今回はそれぞれシーンに切り分けてご紹介します。

 

【内勤スタイル】

お客様に会う予定や、外出する予定の無い日。つまり、オフィス内での業務だけの日には、少々のカジュアルスタイルを楽しむのもオススメです。

 


 

ジャケットやタイといったフォーマルなアイテムを取り除きカジュアル感を演出します。オフィスという適度な緊張感を保つためにも襟付きのシャツやカットソーを着用しましょう。足元も革靴やドレスシューズではなくスニーカーをチョイス。ただし、カジュアル感が強すぎてしまったり、清潔感を損なうようなアイテムは避けましょう。ビックシルエットやワイドシルエットパンツなどはNGです。

 

 

【カジュアル・ジャケパンスタイル】

緊張感の高すぎないシチュエーションや、かっちり感が強すぎると場違いになるような場面にオススメです。

 

ジャケットとパンツのコーディネートを楽しんだり、シャツの柄や色を楽しむことのできるこのスタイルは、ジャケットスタイルの中でも最もセンスを問われるといっても過言ではありません。

 

パンツの色選びや丈の長さ、シルエット。ジャケットの素材感なども重要な要素となります。季節感などを取り入れることもできるので、思いっきり楽しむことができそうです。タイをせずにも楽しめるのがこのスタイルです。

 


 

ジャケットの下には、清潔感を感じることのできる風合いの生地のカットソーや、季節によってはタートルネックのニットなんかもオススメです。

 

 

また、季節によってパンツのカラーとシャツのカラーを楽しむこともできます。夏場には足首のやや見える丈で、爽やかさを演出することもできます。

 

 

【アパレル業界向けフォーマル】

「スーツを着ておけば良いんじゃ・・・?」そんな簡単ではないのが、アパレル業界でのフォーマルスタイルです。スーツはスーツでも、細部にキラリと光るセンスを盛り込むことが重要です。

 

スーツの色を真っ黒ではなく、ネイビーやグレーといった一見派手にも思えるカラー選んでみても良いかもしれません。その際にはタイやシャツの組み合わせには十分注意しましょう。

 

真っ黒のスーツで男っぽい雰囲気を演出する際には、チーフや発色の良いカラーのタイをチョイスしてみても良いかもしれません。

 

また、細部へのこだわりも重要です。例えば、シャツの襟にもトレンドがあり、昨今ではオープンカラーと呼ばれる襟がワイドにデザインされたタイプがトレンドとなっています。オープンカラーのタイプは、トップボタンを外した際のシルエットが良いと人気が高く、夏場にも重宝できます。

 

袖元のカフスにも個性を入れてみても良いかもしれません。

 

クレセントアイズが考えるビジネスウェア

クレセントアイズが考えるビジネスウェアには、ファッションに携わる企業として、個性やファッション性を大切にしながらも、そのスタイルから感じることのできる信頼感や誠実さ、清潔感を重要な要素として取り入れています。

 

人気のトレンドや、街中のファッショニスタ達のようなスタイルを『オシャレ』と捉え、追い求めるのではなく、ファッションを通じて良い企業イメージを持ってもらえるよう心がけています。

 

「オシャレ」というワードだけで片付けることのできないファッション。

ファッションに携わる仕事している方々だけでなく、オフィスカジュアルやオフィスファッションに迷っている方も、是非参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Relation
関連記事

2018.07.27

「洋服が好き」その想いを思い切り表現できる職業こそショップスタッフですよね!そんな、充実した"ショップスタッフ"として数年を過ごし、仕事に慣れてきた時に、ふと「次のステージで今までの経験を生かしてみた...

2018.07.26

店舗運営のプロフェッショナルとして、様々なショップ(店舗)の運営を行ってきたクレセントアイズ。多くの失敗と成功を繰り返すことで積み重ねた経験とノウハウは、成功へ導くための礎となっています。 ...

2018.07.25

― 「日本のファッション業界は逆風にさらされている」 そんなフレーズがファッションビジネスの界隈で聞かれる。これはファッションビジネスにおける川上の部分だけでなく、川下の部分=販売の現場において...

2018.07.17

日本でのストリートファッションが、ムーブメントとなった1980年代。「原宿」や「渋谷」という場所が、若者達の新たなファッションの聖地となった。従来のトラッドスタイルやプレッピースタイルとは違った、独自...

2018.07.04

時代の変化と共に、「転職」というキーワードも珍しくないワードとなっている昨今。むしろ、「転職」を通じてキャリアビジョンを描くことを考える社会となっていると言っても過言ではないではないだろうか。 ...