Top

WORKS

2017.11.29

クレセントアイズが送る。アンファミエ通信 vol.06

東の都「東京」と古都「京都」のちょうど中間ほどに位置することから『中京』とも呼ばれることのある、愛知県名古屋市。日本の三大都市として、東京や大阪とも違う独自の存在感を漂わせている。それはソウルフードとも言われる地域料理や、方言にも表れている。

 

今回は、その名古屋に10月に誕生した『アンファミエ名古屋店』について、浅沼スーパーバイザーにインタビューしました!

 

東京・博多・札幌に続き、拠点都市に出店を続けるアンファミエが、名古屋ではどのような存在なのかを聞いてみました。

 

 

名古屋の人は可愛いもの好き!?

― アンファミエ名古屋がいよいよオープン!そう思い、オープンしてから早約1か月が経ちます。他店舗と比べ何か違いはありますか?

そうですねぇ・・・他の店舗に比べて、リボンがついたサンダルや白衣が人気ですかね。何かワンポイントアクセントがついているアイテムが人気なのが、他の店舗との違いになりますかね!割とシンプルなものを好まれる方が多いので。

名古屋は「かわいいものが好き!」っていうお客様が多いんですかね!

 

― アンファミエ名古屋店の運営している中での印象を教えてください。

アンファミエ名古屋店は、久屋大通り駅に直結しているセントラルパーク地下街にあります。そこから少し歩くと、名古屋一の繁華街と言われる栄(さかえ)に行くことができます。

そのせいか、地下街を歩いている人が”なんのお店ができたのかな”とご来店されることが多いですね。なので、看護師ではないお客様にもマスクやソックスなどご購入いただいてますね!

「専門店」という事もあって、他の店舗は目的があって来店されるお客様が多いじゃないですか。なので普段気付かなかった事に気付けたりしますね。

名古屋店はアンファミエが職種を問わず、色んなお客様から愛されているのを感じる店舗ですかね!

 

― 「名古屋!!」っていう土地柄や人柄を感じることはありますか?また、特徴はありますか?

「名古屋!!」って(笑) 実際、地域性みたいのはそこまで強く感じないですかね。

でも、以前店舗を構えていたということもあり「また出来たんだ!嬉しい!」って感じでお声を多く頂いきますね。またそのお客様達が、「お気に入りのシューズを見つけると、それ以外のシューズは買わない。」ってくらい一筋だそうで。。。ありがたいかぎりです。

以前店舗があった頃から変わらず、愛用して下さってて嬉しかったという事は多いですかね。そういったお客様の為にも、商品を切らさず、お客様の期待に常に添えることが大切だなぁと思いました。

 

― アンファミエ名古屋店としての目標はなんですか?

名古屋店も他の店舗と同様に『常にお客様を一番に考え且つ、その期待を上回るサービスを提供し続け、お客様から長くご愛顧いただく』という事を目標に頑張りたいと思います。

 

 

まだまだ募集中!アンファミエ名古屋店ではスタッフを募集しています

― アンファミエ名古屋店ではどんな人を求めていますか?また、どんな人と働きたいですか?

知識がなくて全然大丈夫です!明るく頑張ってくれる方なら、販売経験がなくても大歓迎です!商品や販売については優しくしっかり教えます♡

 

― 実際、アンファミエ名古屋のスタッフはどんな人が多いですか?

名古屋近辺から出勤される方が多いですかね。素直で優しい、人ばかりです。割と笑顔が多めな人が多いですかね。もちろん、お客様最優先で動ける一生懸命に頑張ってくれるスタッフばかりですよ!

 

― お店の雰囲気を教えてください

笑顔が多いお店ですかね。

割と仲が良いので冗談を言ったり、、、ふざけたり(笑)

あ、今のところカットで(笑)

 

いえいえカットしませんよ!

 

 

 

アンファミエ通信第六弾いかがでしたでしょうか?

各地で大人気のアンファミエが、名古屋に誕生し早1ヶ月。名古屋店も他店舗同様に、多くのお客様にご愛顧いただきありがとうございます!

 

クレセントアイズでは『常にお客様を一番に考え且つ、その期待を大きく上回るサービスを提供し続けます!』というテーマを掲げています。それを心にこれからも明るいショップ運営を目指します!

 

そして、それに共感し、一緒に働きたいという方も募集しております。下記フォームにアクセスいただきご応募ください!皆様のご応募お待ちしております。

 

応募フォーム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Relation
関連記事

2018.09.06

「ファッションブランドを立ち上げたい・・・」そんな夢を抱いているのは、ファッションキッズだけでなく、企業の戦略として抱いているいる事も多いのではないでしょうか。 "立ち上げ"というワード...

2018.07.27

「洋服が好き」その想いを思い切り表現できる職業こそショップスタッフですよね!そんな、充実した"ショップスタッフ"として数年を過ごし、仕事に慣れてきた時に、ふと「次のステージで今までの経験を生かしてみた...

2018.07.26

店舗運営のプロフェッショナルとして、様々なショップ(店舗)の運営を行ってきたクレセントアイズ。多くの失敗と成功を繰り返すことで積み重ねた経験とノウハウは、成功へ導くための礎となっています。 ...

2018.07.25

― 「日本のファッション業界は逆風にさらされている」 そんなフレーズがファッションビジネスの界隈で聞かれる。これはファッションビジネスにおける川上の部分だけでなく、川下の部分=販売の現場において...

2018.07.17

日本でのストリートファッションが、ムーブメントとなった1980年代。「原宿」や「渋谷」という場所が、若者達の新たなファッションの聖地となった。従来のトラッドスタイルやプレッピースタイルとは違った、独自...