Top

WORKS

2017.07.25

クレセントアイズが送る。アンファミエ通信 vol.04

連日多くのお客様で賑わいを見せるアンファミエ。特集企画として連載を行っておりますが、多くの方にご好評をいただいております。(ありがとうございます!感謝!)

 

 

 

クレセントアイズは「アンファミエ知ってるよ~!」、「私、いつもアンファミエで買い物する。」など実際の現場で働く方々の声を聴くたびに、更なる満足度の実現に熱い想いを巡らせております。

 

 

 

そんな方々は必見!

 

 

 

vol.04の今回は、なんと!!

アンファミエ生川社長の独占インタビュー!生川社長の目指すアンファミエの姿を垣間見ることができました。

 

 

 

それでは早速インタビューをレポートします。

 

 

 

確かな一歩で歩んできたキャリアが、確かな実績を導いた。

今回はインタビューを引き受けていただき、ありがとうございます。

― いえいえ、とんでもございません。いつもありがとうございます。

 

 

 

早速ではありますが、インタビューをさせていただきます。まずは生川社長の経歴を教えてください。

― 法政大学を卒業し、親会社でもある株式会社ベルーナ(以下:(株)ベルーナ)に就職しました。

 

 

 

(株)ベルーナではどのようなキャリアを歩まれたのですか?

― 1986年に(株)ベルーナに入社して第2企画室という部署に配属となりました。約10年勤務し、1996年に同部署のマネージャーとなりました。その後、2003年に他企画室のマネージャーを経験し2005年に企画本部長となりました。その年の6月に取締役企画本部長となり、2011年4月に取締役執行役員企画本部長となりました。

2012年には取締役執行役員企画本部営業推進室長に就任し、2013年には取締役執行役員企画本部長 兼 営業推進室長 兼 第7企画室部長と多くの兼任をしました。

2015年以降は株式会社ベルーナの取締役をしながら、グループ会社である(株)ナースリー、(株)アンファミエ、(株)ベストサンクスの代表取締役を務めております。

 

 

 

 

 

すごいキャリアですね。。。我々がインタビューなんぞ、おこがましい。。。

 

 

 

 

 

生川社長の見るアンファミエの姿

アンファミエの現状をどのように見られていますか?

― 圧倒的な品揃えとオリジナル・ブランド商品の提案、価格訴求で看護師通販市場の約50%を占有して業界のトップリーダー的存在というのが現状です。しかし、そのような現状の中、限られたマーケット(看護師専門衣料品)の中で今後どのように成長していくのか、成長性という部分に課題を感じています。

 

 

アンファミエの未来の姿を教えてください。

― 現状のカタログとWEB通販に加え、店舗を全国に展開し、オムニチャネル化を推進したいと思っております。また、医療業界だけでなく、美容やエステ、歯科、介護等などの新たなマーケットを開拓したいとも思っています。また、強みを活かして海外市場の開拓も行っていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

現状に満足せず、アンファミエのヴィジョンは日本だけにとどまらず、海外市場にも参戦するグローバルな企業をめざしているのか。我々も世界を意識したウェブサイトコンテンツを作らねば・・・英語化?いや、やめておこう。(笑)

 

 

 

 

 

「アンファミエ×クレセントアイズ」を実現。互いの強味で相乗効果。

ズバリ!クレセントアイズの印象を教えてください!

― ズバリって。笑 そうですね、機動力と活力、結束力に加え、義理と人情も持ち合わせた会社だと思っています。社長はもちろん社員の皆さんそうだと思います。そして、何よりもとにかくよく働く!ここに尽きると思います。

 

 

 

 

 

最後に・・・

恒例ではあるのですが・・・最後にアンファミエの宣伝をお願いします!

― モチロン!!笑 看護師通販市場でナンバー1とはいえ、まだまだお客様に満足してもらえる「品揃え」「品質」「サービス」など発展途上の段階だと考えています。これからも変わらず、”お客様の声を真摯に受け止め”更なる進化を目指します!今後とも宜しくお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Relation
関連記事

2018.07.27

「洋服が好き」その想いを思い切り表現できる職業こそショップスタッフですよね!そんな、充実した"ショップスタッフ"として数年を過ごし、仕事に慣れてきた時に、ふと「次のステージで今までの経験を生かしてみた...

2018.07.26

店舗運営のプロフェッショナルとして、様々なショップ(店舗)の運営を行ってきたクレセントアイズ。多くの失敗と成功を繰り返すことで積み重ねた経験とノウハウは、成功へ導くための礎となっています。 ...

2018.07.25

― 「日本のファッション業界は逆風にさらされている」 そんなフレーズがファッションビジネスの界隈で聞かれる。これはファッションビジネスにおける川上の部分だけでなく、川下の部分=販売の現場において...

2018.07.17

日本でのストリートファッションが、ムーブメントとなった1980年代。「原宿」や「渋谷」という場所が、若者達の新たなファッションの聖地となった。従来のトラッドスタイルやプレッピースタイルとは違った、独自...

2018.07.04

時代の変化と共に、「転職」というキーワードも珍しくないワードとなっている昨今。むしろ、「転職」を通じてキャリアビジョンを描くことを考える社会となっていると言っても過言ではないではないだろうか。 ...