Top

LIFE STYLE

2016.05.06

人生を設計して自分らしく働く〜女性の働き方:3つのポイント〜

ゴールデンウィークも終盤に差し掛かってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。最大で10日間という長期のお休み、楽しすぎで仕事に戻るのが辛い……なんて方もいるのでは?

 
このまま一生遊んで暮らせる、そんな美味しい話があったら私も飛びつきたいくらいですが、辛いと思いがちな仕事もやり方・考え方ひとつでマインドを変えることができます。遊びだけではきっと叶わない、充実した日々を送ることができると思うのです。
そこで今回は、女性の働き方について考えてみたいと思います。

 
 

 
 
昨今、働くことに対する女性の意識や環境が大きく変化し、「働き続けたい」と考える人が増えてきたと言われています。そういった願望とは裏腹に、女性は結婚・出産などのライフイベントを控えていたり、男性社会の中でいかに活躍していくかといった悩みを抱えていたりと、実際のところ不安になったりしますよね。また、この流動的な社会では、今後も男女ともに働き方は変動していくと思います。そこで、働く上でまず軸として考えたい3つのポイントをチェックしてみましょう。

 
 
 

1. 自らのキャリアデザインをうまく描けているか

働く上で最も大事なことは、長期的な視野で自分の人生設計をするということです。働いてみないと分からないことは山ほどあると思いますし、20代前半ではまだ将来が定まらないといった声もよく耳にします。かといって、単純に「やらなくてはいけない仕事だから」と日々の仕事をこなしていると、仕事に対する不満にも繋がり、こんなハズではなかったという結果になりかねません。

 
その仕事を通して何を得て、どういった自分になりたいのか、まずは大きな枠で、それから時系列で細かく練り上げて自分の人生をプランニングすることが重要になってきます。

 
 
家を建てることを想像してみてください。理想の家を思い浮かべたら、建てる手順を考えるためにデザインを起こしますよね。さらに、どういった骨組みを組めば崩れないかなど、細かい設計を行います。その家に適合する土地と環境も探すはずです。また、環境に順応するように、途中でデザインに手を加えることもあるかもしれません。

 
ここで家をあなた自身に置き換えてみてください。理想の家はあなたがなりたい自分の姿、デザインはなりたい自分を築くために必要な要素。そして、土地や環境が仕事場です。

 
 
家を建てている途中で環境が変わるかもしれませんが、だからといって簡単には家を移し変えられません。そこで、少しずつデザインを調整していくことが必要になってきます。仕事も同じく、自分だけではどうしようもできないことが時として訪れるかもしれませんが、理想の姿のために自ら変化していけばいいのです。

 
重要なのは、理想の家=なりたい自分。そこがきちんと定まっていれば、キャリアデザインが楽しくなってくるはずです。

 
 
 

2. 学ぶ環境が整っているか

キャリアデザインが大事だと話しましたが、そのデザイン描きをサポートしてくれるのが仕事で培う“学び”です。頑丈な家を築くには、土台をしっかり組まなくてはいけないですよね。仕事も同様に、キャリアにプラスになる経験を積まなくてはいけません。

 
会社の教育制度をうまく利用してスキルを磨いたり、上司にアドバイスを求めるのも良いでしょう。稼ぎながら学べるんだとポジティブに捉えれば、日々の仕事が常にプラスに感じられます。また、個人的に高めたいことがあるならば、セミナーやスクールに通うのも◎

 
 
仕事をしていると失敗することもあります。でも、それを次に生かす学びとして身につけいていけばいいと思います。他人の評価が厳しいとしても、それも自分のキャリアのためだとバネにし、理想の姿に向かって頑張る糧にしましょう。

 
 
 

3. 積極的に自分の時間をつくる

女性が働く上で一番不安なのが「仕事とプライベートが両立できるか」ということですよね。特に結婚や出産を経ると、家事や子育てなどで常に時間に追われこんなことずっとやってられない……とストレスばかりが溜まってしまいます。
そういった不満が膨らむ前に、「時間は自らコントロールする」という考えをしてみましょう。あなたの時間はあなたのものです。

 
 
例えば、大体で構わないので一週間のスケジュールを組むこと。
金曜日をスタートとし、金曜に次週の予定を組む。そしてオフの日は完全に休む。週の前半にやるべき仕事を終わらせるようにし、週の後半で前半に行った内容を見直すといったことを軸に、プライベートのスケジュールを入れ込んでいきます。一週間のスケジュールが組めれば、どこかで時間のズレが出ても調整することができます。

 
 
また、タスクをすべて自分ひとりでこなさなければ、と抱えこまないことも大事です。家事や育児であればパートナーに手伝ってもらっても良いでしょう、仕事のタスクもできないことは周りの人に相談してみては?

 
 
 
今回挙げた3つのポイントに共通することは、自分の人生、そこに与えられた時間は自分で設計していくということです。

 
 
 
次回は、より具体的な内容をご紹介するため、実際に働く女性のリアルボイスをお届けします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Relation
関連記事

2019.08.10

梅雨という日本独特な雨季を夏前に迎えます。 そんな梅雨の時期に困るのが「洗濯」です。外にも干すことができず、部屋干ししていたら全然乾かない。おまけに、洗濯物の匂いが気になる・・・そんな経験をして...

2019.08.09

ジメジメとした気候の日本の梅雨時期。毎年経験しているのに、なぜかいつも頭を悩ませますよね。 お気に入りの靴を履きたいけど、「雨だしやめておくか・・・」と泣く泣く断念したり、夜になると肌寒...

2019.06.13

いよいよ本格的な夏到来!今年の夏も去年に負けないくらい"熱い"夏にしたいものですよね!カップルの皆さんも、そうでない皆さんも、猛暑が予想される今年の夏を涼しく・楽しく過ごしてみませんか? ...

2019.06.08

5月にも関わらず日本各地では「夏」を思わせる暑い日が続いていますよね!春から夏の季節の変化を感じることなく夏を迎えようとしているせいか、"身体がしんどい・・・"、"リラックスできている気がしない!"そ...

2019.03.28

東京都内に多くの新店がオープンする昨今。アパレルに関してはリニューアルオープンも目まぐるしく、昔行っていたお店が今は全然違う!なんてことも多いはず。ファッション同様に飽和状態となっている店舗事情に、押...