Top

FASHION

2016.12.26

【2017年最旬メンズ・レディーストレンドファッション】春のコーデはこれで決まり!

コートが手放せない寒い日が続き、冬本番もまだこれから!というところですが、セール期間を過ぎた1月末頃からは、早くも店頭に春ものが並びはじめます。そこで今回は、来る春ファッションのトレンドを先取り、ショッピング時に役立つキーワードを集めてみました!

 

 

 

 

01.安らぎを与える「ボタニカル柄」と「花柄」

ce1612261source/Pinterest

 

活気のある春夏らしい鮮やかな色や、80年代レトロブームも相まった個性的なスタイルが目立つ2017年春夏ファッション。中でも、ボタニカル柄や花柄はメンズ・レディースともに最も注目したいキーワードです。

 

 

 

アメリカ・パントン社が発表した2017年イヤートレンドカラーも「GREENERY=グリーナリー」という黄緑色。新鮮さや再起、復元、安らぎを連想させる「自然」の色であり、現代社会が色濃く反映されていると言われています。同様に、ボタニカル柄や花柄にも、調和や再生といった社会の希望が反映されているのかもしれません。

 

 

 

ce1612262

 

ボタニカル柄は、主に草花や茎、木の葉などの植物モチーフがあしらわれたものを指します。花柄よりも落ち着きがあり、どこかオリエンタルな印象も持ち合わせているのが特徴です。刺繍などの装飾がされたものは、レトロ感も出るので要注目!

 

 

 

ce1612263

 

また花柄は、どちらかというと小花が散りばめられたマイクロ柄が流行の兆しを見せています。レディースではワンピースで全身に取り入れたり、メンズでは花柄シャツが定番アイテムとなりそうですね。

 

 

 

 

02.組み合わせで遊ぶ「ストライプ」

ce1612264

ce1612265

 

 

ストライプもメンズ・レディースともにトレンド入りしている柄のひとつ。様々な太さを他方向に組み合わせた、ストライプの“入り乱れ”がお洒落のキーポイント。トップス、ボトムス上下ともにストライプでまとめても、色や柄の入り方が違うことでメリハリがつき、躍動感を出すことができます。

 

 

 

ce1612266source/Pinterest

 

他のトレンドモチーフをミックスさせたアイテムも上級者なら狙いたいところ。ここでは背中に花が刺繍されていますね。ちなみに写真のような「ローブ」も、今季のトレンドアイテムとして関心を集めています!

 

 

 

 

03.海のようなロマン溢れる「アビスブルー」

ce1612267source/Pinterest

 

パントン社が発表した色を含め注目のトレンドカラーはいくつかあるのですが、深海を表すアビスブルーは上品かつ優雅で、どんなシチュエーションにも対応する万能カラー。男女ともに、ランウェイでも多く取り入れられています。

 

 

ce1612268

 

先ほど紹介したストライプをこのアビスブルーに、また他のアイテムもブルーでまとめることで美しいグラデーションをつくっています。また白と組み合わせれば、マリンカラーとして夏らしさを演出することもできます。

 

 

 

 

04.レディース/1枚で映える「白シャツドレス」

ce1612269

 

たった1枚で簡単に着こなせる白シャツドレスも多数ブランドがローンチ。清潔感のある白だからこそプレーンにさらりと着こなして、女性らしさを打ち出したいところ。ウエストを絞ったものから、袖幅が広いもの、裾がアシンメトリーになったものまで、今季は個性的なデザインも揃っています。

 

 

ce16122610source/Pinterest

 

ただし、凝ったデザインのものはなかなか着こなしが難しいですよね。Iラインが整った膝丈の白シャツドレスであれば、シンプルかつボディラインが綺麗に見えるのでオススメです。ボタンの調整ひとつで程良く肌見せもできます。足元は、ドレッシーに決めるならヒールを、カジュアルにハズすなら迷わずスニーカーを合わせましょう。

 

 

 

 

05.レディース/着まわしできる「ロゴTシャツ」

ce16122611

 

春夏に大活躍間違いなしなのが、ロゴTシャツ。レターが並んでいるだけでもインパクト大、ヴィンテージ風のものを選べば一気にレトロ感も演出できちゃいます。ドレッシーなロングスカートと合わせて甘辛ミックスに仕上げたり、レザーアイテムなどでモードに振り切るほうが今季らしくまとまります。

 

 

 

ce16122612source/Pinterest

 

デニムと合わせたい時は、ハイウエストのパンツやスカートにインしてウエストを強調、メリハリを出すことを忘れずに!

 

 

 

 

06.メンズ/極めるなら絶対に「レトロルック」

ce16122613

 

今季も引き続き外せないのがレトロルック。往年のデザイナーが若かりし頃を反映したかのような、どことなくちょいダサ感のあるスタイリングが今カッコ良いのです。スポーティなものからセットアップまで、古くも新しい色が光っていますよね。

 

 

ce16122614

 

ボトムスはウエスト位置が高くワイドめのもの、ややテーパードが効いているものが◎。スニーカーでストリートルックに仕上げたり、革靴で大人っぽさを出したりと、足もとも柔軟にコーディネートしていきましょう!

 

 

 

 

07.メンズ/男だって似合う「ベビートーン」

ce16122615

 

女性ファッションに用いられがちなパステル調のベビートーンも、今季はメンズファッションで熱い様子。主にやわらかいピンク色が、多方面で取り入れられています。着こなし次第でかなりお洒落に決まるので、上級者はひとつは持ちたいアイテムです。ピンクを主役に同系色でまとめる、あるいは他のアイテムをモノトーンでまとめれば失敗知らずです!

 

 

 

ce16122616source/Pinterest

 

「テクノロジー」を彷彿させる光沢感のあるマテリアルも、注目トレンドとして挙がっています。同系色でも、上下の素材を変えるだけでコントラストがつき、ベビートーンの中にも躍動感が生まれます。

 

 

 

 

どんなファッションが流行るんだろう〜なんて考えているうちに、春もあっという間に訪れます。最旬スタイルを楽しめるよう、今から春スタイルの準備を進めましょう!

 

 

 

Top Photo/Pinterest

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Relation
関連記事

2018.10.22

「2000年以降、若者がファッションを牽引してきた。」 "ストリートブランド"なるドメスティックブランドが若者から生み出され、それらは世代を超えて多くの日本のファッション好きを虜にした。その独創...

2018.09.05

まだまだ暑い日が続いているけれど、9月に入ると徐々に秋色めいて、気付けばワードローブもすっかり秋ものへとシフトチェンジ。すでに様々なショップで、秋ものが展開されていますよね! そこで、今シーズン押さえ...

2018.08.27

例年よりも非常に暑かった今年の夏もピークが過ぎ、夜になると少し肌寒く感じるようになってきました。秋が少しずつ近づいていますが、秋といえば「オシャレ!」と考える方も多いのではないでしょうか!? ...

2018.07.31

日本のファッションカルチャーの幕開けとも言える80年代。若者たちの台頭により新たな流行を生み出した80年代。90年代に入るとドメスティックブランドや裏原スタイルといった、独自の感性を表現したブランドが...

2018.07.30

時代の進歩と共に、ファッションの歴史も弛(たゆ)まない歩みを続けている。欧米のファッションカルチャーの影響を受け、日本独自のファッションカルチャーが構築されたのは、ほんの40年前のことだ。この40年で...