Top

FASHION

2016.12.19

いよいよ冬のセール開始!今こそゲットすべきアイテム7選【女性編】

2016年も終わりに近付き、いよいよ冬のセールがスタート。以前より狙っていたものからなんとなく気になっていたものまで、お得にファッションを楽しむチャンスです! 特に今季に特化したトレンドものはまさに買い時。そこで今回は、セールで今こそゲットすべき注目アイテムをご紹介したいと思います。どんどん足を運んで、売り切れる前に欲しいものを手に入れちゃいましょう♥

 

 

 

 

01. ひとつは絶対に購入したい「レオパード柄」

最も押しなのがレオパード柄のアイテム。アニマル柄は毎年なにかとトレンド入りしていますが、今季はレオパードが熱いこと! ファッショニスタがこぞって取り入れている、失敗知らずの流行柄です。また小物などはコーディネートの差し柄として使えるので、ひとつ持っているととても便利です。

 

 

 

ce612161source/Pinterest

 

旬の柄だからこそ、アウターで主役級にがっつり取り入れるのもかっこいいですよね。値下げ率の良いセール時こそ、普段はなかなか踏み切れない高いコートにトライするチャンス。写真のようなブラックで組むスタイリングや、デニムコーデが多いという人には特にオススメです!

 

 

 

ce1612162source/Pinterest

 

色の主張が少ないレオパード柄を選べばこんなにスタイリッシュに。タイトスカートだと大人っぽく決まります。

 

 

 

ce1612163source/Pinterest

 

シンプルカジュアルなコーディネートに、レオーパード柄のベルトやスカーフ、シューズ、バッグといった小物でアクセント付けするのも賢い選択。一気に華やかさが出ますよね。

 

 

 

 

02. 足元は「ミドル丈ブーツ」と「サイハイブーツ」

冬のセールの狙い目として、ブーツも欠かせないアイテムのひとつ。中でもミドル丈ブーツとサイハイブーツに注目です。

 

 

ce1612164source/Pinterest

 

切りっぱなしや半端丈のボトムスと好相性のミドル丈ブーツが流行中。ショートブーツよりは長く、ふくらはぎよりは下にくる絶妙な丈感が、合わせやすくオシャレだと人気です。春先まで履けるので、今から購入しても長く使えそうですよね。ボトムスとブーツの間からチラッっと肌をのぞかせて、抜け感を強調するのも◎。より足を細く見せたいという人は、足首にフィットするタイプのミドル丈ブーツを選ぶようにしましょう!

 

 

 

ce1612165source/Pinterest

 

一方で、うんと長いサイハイブーツも海外セレブの間で人気沸騰中。ビッグシルエットのスエットやニットと合わせれば、程良いセクシーさを引き出すことができます! こちらは断然足にフィットするデザインのものがオススメ。特にスエード素材のものは、今季らしく仕上がります。

 

 

 

 

03.「オフショルニット」て色気たっぷりに

毎年秋冬は様々なニットがリリースされていますが、ベーシックなニットに加えてオフショルダータイプもひとつは押さえておきたいです。厚着してしまいがちなこの季節こそ、出すべきところを出すことで女性らしさを演出しながら、グッと洗練させることができます。

 

 

 

ce1612166source/Pinterest

 

鎖骨ラインを出すと顔や首周りがすっきりするので、ワンピースタイプでも野暮ったくならず、バランス良く見せることができます。ピンクやベージュといったパステルカラーのものを選べば、より甘い印象に仕上がります!

 

 

 

ce1612167source/Pinterest

 

写真のような薄地のハイゲージタイプならアウターにも響きにくく、ボトムスにもインできるのでスタイリングしやすいです。ただしミニスカートやショートパンツなどを合わせて、太もも部分まで過度に露出するのはNG。オフショルダーニットには長めのボトムスが適しています!

 

 

 

 

04.レトロな雰囲気満載の「台形スカート」

レトロブームにのり、70年代に流行った「台形ミニスカート」も旬なアイテムとして登場。まさに当時を彷彿させる、フロントにボタンが並んだデザインが人気です。この季節に多用する、タイツやストッキングと合わせても可愛いところがポイント高し!

 

 

ce1612168source/Pinterest

 

デニムスカートなら、MA-1やスニーカーと合わせてカジュアルにハズすこともできるし、写真のようにボリューミーなニットとストッキングを合わせて、フェミニンに振り切ることもできちゃいます。

 

 

 

ce1612169source/Pinterest

 

またスエード素材もレトロ感を演出するのにピッタリです。ボルドーやキャメル色など、こくのある色味を選べば大人可愛い雰囲気に。カラータイツと合わせても可愛いですね!

 

 

 

 

05.一気にこなれ感を出せる「ベルベット」

どこかカジュアルに見えて高級感たっぷりな「ベルベット」。今季はあちこちの店頭で並んでいるのを見かけたという人も多いはず。ワンピースからボトムス、アウターまでベルベット素材を用いたアイテムがたくさんリリースされた今シーズン、まだひとつも持っていないなら今が買いです!

 

 

 

ce16121610source/Pinterest

 

特に取り入れやいのはワイドパンツ。スニーカーと合わせて足元をラフにしながら、アウターでモードに仕上げるのがトレンドです。履き心地も良いため、一度履くとクセになるというオシャレさんも。

 

 

 

ce16121611source/Pinterest

 

こちらはインナーにベルベット素材を取り入れたスタイリング。かなり光沢がありそれだけで存在感バツグンなので、他のアイテムをブラックなどのシックな色味でまとめるのが◎。逆に普段からダークトーンファッションが多い人は、ベルベッド素材で華やかさを加えるのも良いですね。

 

 

 

 

06.パーティシーンでも万能な「メタリック」

わりと明るめの色や派手な素材・柄が流行っている今季。ベルベッド素材に並び、光沢感もひとしおなメタリックアイテムも買い物リストに入れましょう。普段づかいはもちろんのこと、年末年始に向けて増えるパーティシーンでも大活躍すること間違いなし!

 

 

 

ce16121612source/Pinterest

 

コレクションでも多くのブランドが発表したメタリックプリーツスカートは、大人っぽく仕上げたい人にオススメのアイテムです。シルエットが美しいので、かなり上品に見えます。ゴールドのスカートにブラックのニットや小物を合わせれば、落ち着きの中にもゴージャス感がある大人ルックの完成です。

 

 

 

ce16121613source/Pinterest

 

こちらはアウターにメタリックを取り入れて、ハードな装いに。アウターであれば、原色よりはシャンパンゴールドやシルバー調のもののほうが今季らしく決まります。かなり都会派な印象になりますね。

 

 

 

 

07.ミニマムさが可愛い「ショルダーミニバック」

今季はショルダーバックを肩にかけるファッショニスタが続出。チェーンをなびかせながら、小さなバッグが腰元を飾る雰囲気がとてもオシャレです。普段大きめのバッグを使うことが多いという人は、この機会にショルダーミニバックを狙ってみてはいかが?

 

 

ce16121614source/Pinterest

 

ブラックなら合わせる服を選ばないので、使いやすさも◎。購入する前に、実際に肩にかけてみて自分のボディに合うものを選びましょう。

 

 

 

ce16121615source/Pinterest

 

肩にかけるだけじゃなく、斜め掛けするオシャレさんも目立ちます。このミニマム感がとっても可愛いですよね。ただし小さいバッグは入るものも限られてきます。いくらセールで購入すると言っても、後で「やっぱり使わなかった」とならないよう、使える大きさかどうかを吟味してからゲットしましょう!

 

 

 

この中に欲しいものはありましたか? 狙っているアイテムがなくなる前に、今すぐセールショッピングに出掛けましょう♪

 

 

 

Top Photo/Pinterest

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Relation
関連記事

2018.10.22

「2000年以降、若者がファッションを牽引してきた。」 "ストリートブランド"なるドメスティックブランドが若者から生み出され、それらは世代を超えて多くの日本のファッション好きを虜にした。その独創...

2018.09.05

まだまだ暑い日が続いているけれど、9月に入ると徐々に秋色めいて、気付けばワードローブもすっかり秋ものへとシフトチェンジ。すでに様々なショップで、秋ものが展開されていますよね! そこで、今シーズン押さえ...

2018.08.27

例年よりも非常に暑かった今年の夏もピークが過ぎ、夜になると少し肌寒く感じるようになってきました。秋が少しずつ近づいていますが、秋といえば「オシャレ!」と考える方も多いのではないでしょうか!? ...

2018.07.31

日本のファッションカルチャーの幕開けとも言える80年代。若者たちの台頭により新たな流行を生み出した80年代。90年代に入るとドメスティックブランドや裏原スタイルといった、独自の感性を表現したブランドが...

2018.07.30

時代の進歩と共に、ファッションの歴史も弛(たゆ)まない歩みを続けている。欧米のファッションカルチャーの影響を受け、日本独自のファッションカルチャーが構築されたのは、ほんの40年前のことだ。この40年で...