Top

WORKS

2016.12.11

売上最盛期を迎える今だからこそ確認しておきたい3つコト

気づけば2016年も残りわずか。アパレル業界においては一番”騒がしい”時期を迎えますよね!目前に控えるクリスマス商戦と冬のクリアランスセール。そんなアパレル商戦を目の前に戦々恐々としている販売員の方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

冬物商戦最後の戦い。

161208_image01

source : webchutney

 

 

 

最盛期を迎える前の今だからこそ、あらためて確認しておきたいコトをまとめてみます。

 

 

 

 1.商材はしっかりと納品、整理しましょう。

161208_image03

source:alphacoders

 

 

繁忙期前に必ず訪れるのが、セール商材や販売強化商材の大量納品。

 

 

毎年この時期に、大量の納品が来ると分かっていながらも、オープン前の店前にピラミッドのごとく積み重ねられたパッキンをみると、販売員歴の長い販売員の人でも心が折れてしまいそうになりますよね。

 

 

「私は・・・ツタンカーメン・・・」

そんな冗談を言っている場合ではないのです!

 

 

 

販売に必要な量の”在庫”を確保しなくては”売上”を上げることはできません。必要な量(金額)の納品があるかどうかを確認しましょう。

 

 

 

「実は在庫が足りませんでした・・・」となってしまっては後の祭りです!

 

 

 

そして、急務になるのがストック商品の整理とストックルームの仕分けです。

大量の納品は整然と整理されたストックルームを、混沌としたものに変貌させます。商品の稼働が多い最盛期には、ストックルーム整理し、ストック商品の準備しておかなくてはいけません。

 

 

 

それは「素早くお客様へ商品をスムーズにお持ちする」、「店頭に足りない在庫を迅速に補充する」ことに繋がるのです。

 

 

 

「やらなくてはならない・・・」と分かっていながらも、気乗りしない業務ではありますが、いつも来てくれるお客様の為、ショップの為にしっかりと準備しましょう!

 

 

 

 

 

2.目標を明確にし、みんなで共有しましょう。

161208_image05

 

 

売上を大きく伸ばすこの時期は、その年度の売上を大きく左右する大切な時期なのです。だからこそ、いつも以上にナーバスになるのが売上目標です。

 

 

 

店長の皆さまは夢の中でもうなされていないでしょうか。

 

 

オープンから多くのお客様の来店が見込まれる繁忙期。

一瞬たりとも気を抜くことができません。

 

 

 

目標を明確に設定し、目標をメンバー全員で共有することで、一丸となって目標達成に向けて切磋琢磨することができるのです。

 

 

 

「売上を伸ばす!」という雲のかかった見えない頂上(目標)を目指すのではなく、「何合目か」が明確に示された富士山の頂上(目標)目指しましょう!

 

 

 

 

 

3.シミュレーションをして、万全の態勢を整えましょう。

161208_image04

source:dailydot

 

 

犬も歩けば棒に当たる・・・

サッカー選手もPKを外す・・・

人生そんなものなのでしょうか・・・

 

 

 

心の準備はしていても、いざ本番になると、分かっていてもスムーズにいかないものですよね。いつだって予期せぬ出来事が起こるものです。

 

 

 

ショップに例えるなら、

入店導線が上手くひけておらず入口にお客様が滞留したり、フィッティングルームへの案内が滞ったり etc… といつもと違う事が起こるものです。

 

 

 

161208_image02

 

一度、ショップ内で当日のシミュレーションをしてみましょう。

 

 

しっかりと準備・対策を行った上で、お客様の導線や商品補充のタイミング、レジ対応などの事前準備から当日起きうるイレギュラーな事象まで、想定してみましょう。想定できうる事を事前シミュレーションし、慣れておくことで当日焦ることなく任務遂行ができるとともに、困った時にも心にゆとりをもって対処できるでしょう。

 

 

 

 

 

 

これから本格的なアパレル業界の最盛期を迎える今だからこそ、あらためて再確認してみて下さい!

 

 

 

きっと売上目標を達成したあかつきには、おいしい料理とお酒、達成感に満ち溢れたショップメンバーとの一体感が待っていることでしょう!

 

 

 

top image:lagerco 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Relation
関連記事

2018.07.27

「洋服が好き」その想いを思い切り表現できる職業こそショップスタッフですよね!そんな、充実した"ショップスタッフ"として数年を過ごし、仕事に慣れてきた時に、ふと「次のステージで今までの経験を生かしてみた...

2018.07.26

店舗運営のプロフェッショナルとして、様々なショップ(店舗)の運営を行ってきたクレセントアイズ。多くの失敗と成功を繰り返すことで積み重ねた経験とノウハウは、成功へ導くための礎となっています。 ...

2018.07.25

― 「日本のファッション業界は逆風にさらされている」 そんなフレーズがファッションビジネスの界隈で聞かれる。これはファッションビジネスにおける川上の部分だけでなく、川下の部分=販売の現場において...

2018.07.17

日本でのストリートファッションが、ムーブメントとなった1980年代。「原宿」や「渋谷」という場所が、若者達の新たなファッションの聖地となった。従来のトラッドスタイルやプレッピースタイルとは違った、独自...

2018.07.04

時代の変化と共に、「転職」というキーワードも珍しくないワードとなっている昨今。むしろ、「転職」を通じてキャリアビジョンを描くことを考える社会となっていると言っても過言ではないではないだろうか。 ...