Top

FASHION

2016.11.10

男性にウケる女性ファッション・女性にウケる男性ファッション決定版!

年末に近づき、飲み会の予定が増えてきたという人も多いのではないでしょうか? クリスマスに向けて素敵なパートナーを探し中という人もいるはず。そんな時こそ大切にしたい出会いの機会。せっかくなら好印象を与えたいとファッションにも気合いが入りますよね。

 

 

でもちょっと待って。あなたがお洒落と思っているそのファッション、影で異性にドン引きされているかも!?

 

 

大事な出会いを台無しにしないためにも、男性にウケる女性のファッション、そして女性にウケる男性のファッションそれぞれの極意を身に付けましょう!

 

 

 

 

モテファッションの条件って?

“モテる王道ファッション”は、以下の三か条が備わっています。

 

男性にウケる女性は……
一. 清潔感がある
一. 女性らしさが溢れてる
一. 第一印象=優しそう

 

 

女性にウケる男性は……
一. 清潔感がある
一. 自然体でカッコいい
一. 第一印象=爽やか

 

 

一般的に、清潔感は男女ともに外せません。洋服のお手入れが行き届いていなかったり、全体的に野暮ったいイメージのコーディネートはとても悪印象です。逆に、それぞれが描く「女性らしい・男性らしい理想像」に当てはまる異性の相手には、自然と好意を抱くということが分かりますよね。

 

 

では、実際にどんなファッションがウケるのでしょうか?

 

 

 

 

モテ女1. 誰よりもホワイトを味方につける

まず男性ウケを狙うなら、ホワイトのアイテムが欠かせません。ホワイトカラーには三か条にある“清潔感”だけでなく、純粋さや素直さといったポジティブイメージが備わっています。またどんな色味ともマッチするので、コーディネートを組みやすいのもポイント。まさに男性好みの女性を演出できる万能カラーということです。

 

 

ce1611081source/Pinterest

 

絶対に外さないのは、ホワイトのワンピース。膨張色でもあるため体型が気になるという人は、写真のようにベルトでウエストをマーキングしてボディラインを見せたり、首回りや手元、足首といった華奢な部分で肌が見えるデザインのものを選びましょう。

 

 

ce1611082source/Pinterest

 

ボディラインが強調されるタイトなワンピースやあまりにも露出過多なデザインは、いやらしさが出てしまい逆効果。ふわっとしたラインのもの、オーガンジー素材などで程よく肌が透けて見えるものなどがオススメです。また、何にでも合わせやすいからとヴィヴィッドな色を混ぜてしまっては、その派手さから近寄りがたい女性だと思われてしまうことも。小物などで色を差す時は、原色のような強い色も避けましょう。

 

 

 

 

モテ女2.パステルカラーで可憐さアピール

ホワイトと同時に重宝するのがパステルカラー。柔らかい印象が、女性らしい可愛さや優しさを引き立ててくれるので男性ウケも抜群です。中でも、甘さのあるパステルピンクは女性のベストフレンド。もちろんブルーやグリーン、イエローといったパステルカラーもOK!

 

 

ce1611083source/Pinterest

 

こちらはパステルピンクのワンピースに、ベージュのジャケットを羽織ったスタイリング。アウターを脱いだ時に肌が見えてドキッとする、とノースリーブタイプのワンピースやトップスも男性人気が高いです。写真ではワンピースの裾にフリルがあしらわれていますが、フリルやリボンといった装飾があまりにも多すぎると、メルヘン女子とあだ名がつけられてしまうの要注意!

 

 

ce1611084source/Pinterest

 

全身ブライトカラーだと、膨張して見えるのが気になる……という人に朗報です。ダークトーンのアイテムと合わせても、華やかさを添えてくれるパステルカラー。写真のように、締まりのあるブラックニットにパステルピンクのロングスカートを組み合わせれば、スタイルアップしながら理想のモテコーデが叶います。特に秋冬はブラウンやブラックを使ったコーディネートが増えてくると思うので、ぜひ応用したいテクニックです。

 

 

 

 

モテ女3.揺れるスカートで意中の相手を悩殺!

なんだかんだスカートの威力は絶大! パンツスタイルより断然ウケるんです。ただし一口にスカートといっても、肌や体型が見えすぎてしまうタイトミニや、メリハリのないマキシワンピといったアイテムはNG。動いた時にふわっと揺れる程良いAラインスカートが狙い目です。

 

 

ce1611085source/Pinterest

 

シャツとスカートの組み合わせなら、自然とXラインができウエストが強調されます。生物学的にも、世の男性はくびれに弱いそうです! また裾広がりのスカートは高級感も出るので、ちょっとしたパーティシーンでも大活躍間違い無し。アウターを羽織る時は腰丈か、スカートが隠れるロングタイプのコートがオススメです。

 

 

ce1611086source/Pinterest

 

大人っぽくダークトーンで攻めたいという時も、Aラインのスカートを押さえておきたいところ。それだけで女性らしさが増し、地味になりがちなコーデにも色っぽさが出ます。

 

 

 

お次は男性ファッション!

 

 

 

 

モテ男1.王道の白シャツは裏切らない!

女性ファッションと同様に、清潔さや爽やかさ、また誠実さを表現できるホワイトは外せない王道カラー。特に、使いやすいプレーンなワイシャツやTシャツは、女性ウケの良いスーパーアイテムです。シンプルすぎ!と思うかもしれませんが、シンプルこそがモテ要素。着飾りすぎたり武骨な印象に仕上げてしまうと、「決めすぎ」「こだわりが多そう」と嫌厭されてしまいます。

 

 

ce1611087source/Pinterest

 

白シャツ×足にフィットしたデニム、これだけで男性の爽やかさは存分に演出されます。今季はビッグシルエットが流行していますが、女性ウケを狙うなら、ルーズな印象を与える大きめトップスやボトムスはNG。自分のボディに合うサイズのものを選ぶようにしましょう。写真のようにクラシカルなシューズやアウターを加えれば、より洗練された大人ルックの完成です。

 

 

ce1611088source/Pinterest

 

ホワイトシャツには、ライトカラーのボトムスを合わせてもシックに決まります。かしこまった雰囲気になりすぎないよう、あえてスニーカーで外すのもオススメです。ズボンの裾が足元でダボつくと爽やかさも半減してしまうので、少し短めを意識すると◎。

 

 

 

 

モテ男2.ハイネックニットで親近感を

秋冬に積極的に取り入れていきたいのがニット。中でも、タートルネックニットはその温もりのある印象から、女性が親近感を抱きやすいアイテムです。VネックやUネックだと首周りの肌が見えすぎてしまい、それを苦手だと感じる女性もいます。

 

 

ce1611089source/Pinterest

 

ニットは、丈が長すぎるとかなり野暮ったい印象になってしまうので、ボトムスのウエストラインが少し隠れるくらいが理想です。また、身幅も細めのほうがスマートな仕上がりに。ブラックやネイビー、グレーといった色味のニットがあるとお洒落度も高まります!

 

 

ce16110810source/Pinterest

 

薄手のニットなら、パンツインしてしまうのもスタイルアップのコツ。足が長く見えると同時に、こざっぱり感が出るので女性の求める清潔感につながります。ここでもあえてホワイトスニーカーで外して、コーデの重厚感に爽やかさを加えています。

 

 

 

 

モテ男3.色気をそそるビジネスカジュアル

男性のスーツ姿は、女性からの支持がとても高いんです。でも、仕事気分が抜けないからスーツで食事の席に出向くのは嫌だ……という人も多いはず。休日にわざわざスーツを手に取る人もいないでしょう。そこでオススメしたいのが、女性にスーツ姿を妄想させるビジネスカジュアル。

 

 

ce16110811source/Pinterest

 

白シャツにデニム、その上にベージュのジャケットを羽織るだけでこんなに男らしい装いに。ブラウンのベルトも良いアクセントになっています。足元もベージュでまとめて色を使いすぎないことで、大人らしさを出しています。

 

 

ce16110812source/Pinterest

 

デニムシャツもビジネスカジュアルに使えるアイテムのひとつ。ただし、インディゴが強すぎるとカジュアル感が前面に出てしまうので、なるべくライトな色味のものを選ぶようにしましょう。ボトムスも、ブラウンと相性の良いブルー系を合わすことで、こなれ感が演出されます。

 

 

 

 

ファッションは人となりを表す大事なツール。もちろん自分らしさを出すことも大事ですが、第一印象でせっかくの機会を台無しにしてしまうのはなんだか勿体無いですよね。たまには多いっきり異性ウケを狙ったファッションに身を包んで、相手を虜にさせてみてはいかがでしょう!

 

 

Top Photo/Aol

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Relation
関連記事

2018.09.05

まだまだ暑い日が続いているけれど、9月に入ると徐々に秋色めいて、気付けばワードローブもすっかり秋ものへとシフトチェンジ。すでに様々なショップで、秋ものが展開されていますよね! そこで、今シーズン押さえ...

2018.08.27

例年よりも非常に暑かった今年の夏もピークが過ぎ、夜になると少し肌寒く感じるようになってきました。秋が少しずつ近づいていますが、秋といえば「オシャレ!」と考える方も多いのではないでしょうか!? ...

2018.07.31

日本のファッションカルチャーの幕開けとも言える80年代。若者たちの台頭により新たな流行を生み出した80年代。90年代に入るとドメスティックブランドや裏原スタイルといった、独自の感性を表現したブランドが...

2018.07.30

時代の進歩と共に、ファッションの歴史も弛(たゆ)まない歩みを続けている。欧米のファッションカルチャーの影響を受け、日本独自のファッションカルチャーが構築されたのは、ほんの40年前のことだ。この40年で...

2018.05.26

この季節のファッションアイテムとして、圧倒的な存在感を放つのが「アクセサリー」です。気づくと、夏の暖かな陽気と共に薄着となっていく、レディースファッションにおいては、なくてはならない存在となっています...